FC2ブログ

Ubuntu16.04のランチャ消失

Win10(64)をホストにしたVirtualBox上で動かしているUbuntu16.04LTSなんだけれども、
VirtualBoxを5.0.24から5.0.26へアップデートし、Ubuntu16.04にGuest Additionsを適用した途端、
Ubuntuのランチャが消え、上部パネルもなくなりデスクトップのみの表示になってしまった。

Ubuntuのランチャが消えてしまうのは以前のバージョンからよくある現象のようで、Unity以降標準となっているCompizの設定がおかしくなってしまうことがあるらしい。
で、「Ubuntu ランチャ 消えた」とかで検索すると、dconfやらなんやらコマンドであれこれというのがズラズラ出てくるが、いろいろと面倒くさいので、Compizの設定画面でUnity設定しなおしてやれば良いのではないかと。

まず、デスクトップのみとなった画面だが、マウス右クリックで開くコンテキストメニューから「端末を開く」がUbuntu16.04では選べるようになっている。
それ以前では「Ctrl+Alt+F1を押してログインして〜」とかの記述があるが、ただ端末を開けば良い。

で次にCompizの設定画面を開く。
が、通常はインストールされていないはずなので、コマンドプロンプトから、
$>ccsm
と入力し、インストールしていなければ画面表示のとおりインストールしてやる。
$>sudo apt install compiz-config-manager

インストール完了したら、「ccsm」と打つとCompiz設定画面となる。
そこまで来たら、デスクトップのカテゴリにある、「Ubuntu Unity Plugin」を選択し、「有効にする」チェックを外してやる。
で、またチェックをつけてやる。たぶんこれでいけるような。
私の場合は、目の前に出ていた「gnome互換」にチェックをつけてあれこれ有効にするとUnity Pluginが無効になったので、それをまた有効にして、メニュー表示をあれこれとかいぢったら問題なくUnityとパネルが出て操作できるようになった。

とまぁそんな感じ。
スポンサーサイト

VirtualBox5.0.18 + Ubuntu14.04LTS

Windows10をホストにしたVirtualBoxで、5.0.18が出たってんでUpdate。
で、ゲストにしてたUbuntu14.04を起動すると、Guest Additionsがあーたらこーたらと出るのでインストール。

でもってUbuntuを再起動すると、ログイン画面が繰り返されて使えません。(T^T)

単にログインに失敗したんだろかと思って、DVDイメージからライブ起動して、
ホームディレクトリにある.ICE...とか.XAuth...とかを削除して再起動してみたが状況は何も変わらず。

んー、GuestAdditionsがカーネルぶっ壊しちまったんじゃなかろうか。
うちはホストのWindowsよりもゲストのUbuntuがメインなもんで、、やべーなこりゃ。

結局Ubuntu16.04でアップグレードすることに。
これがまた、たっぷり二時間。んもーOracleのアホ!!!

Ubuntu14.04でのUpdateワーニング

2016/03/04あたりからUbuntuのアップデートでワーニングが出るようになり、画面上部のパネルに赤三角が表示されるようになった。
こりゃなんぞ!?
sudo apt-get update
...
W: http://dl.google.com/linux/chrome/deb/dists/stable/Release の取得に失敗しました 期待されるエントリ 'main/binary-i386/Packages' が Release ファイル内に見つかりません (誤った sources.list エントリか、壊れたファイル)

E: いくつかのインデックスファイルのダウンロードに失敗しました。これらは無視されるか、古いものが代わりに使われます。

どうもi386版の提供が終了したらしい。
ので、
Fix `Failed To Fetch` Google Chrome Repository After Google Dropped Support For Its Browser On Linux 32bit
あたりを参考にして、ちうかまんま、ターミナルから
sudo sed -i -e 's/deb http/deb [arch=amd64] http/' "/etc/apt/sources.list.d/google-chrome.list"

をぶちこむ。
んで、
sudo apt-get update
sudo apt-get upgrade

でめでたくワーニングは消え去りましたとさ。

UbuntuのFirewall

Ubuntu Server 12.04LTSにほんとは入れたくないんだけれど、vsftpdを入れる事になった。
>sudo apt-get install vsftpd
でインストールは何事も無く。
/etc/vsftpd.confをいぢってlocal userのログインに設定してから
>sudo service vsftpd restart
netstat -a で見ると、きちんとFTPポートはLISTENING状態。
で、外からFTPで繋いでみるが繋がらない。

うん、こりゃファイアウォールやね、ってことで、
>sudo /etc/init.d/iptables stop
とすると、コマンドが見つかりません。おぉ?
/etc/init.d下にiptablesがありまへん。なんで?

と調べてみると、Ubuntuにはiptablesはインストールされているものの、ファイアウォールの操作はufwでやるだと。
>man ufw
とすると確かにiptablesの簡単設定版としてufwがあるらしい。しかもCopyrightはCanonical
へーそー
って事で、とりあえずテストのためにファイアウォールOFF。
>sudo ufw disable
まー普通に当たり前にFTPは接続できたわけなんだが。

うーん、なんか細かな事やろうとすると便利なのだろうか。>ufw

Ubuntu 12.04

Ubuntu 11.10でアップデートマネージャが更新エラーとなる症状になったため、12.04にUpgrade。

見た目は殆ど変わらないのだが、Unityメニューバーが隠れなくなった。
外観の設定で挙動を「隠す」にすると、今度はマウスを左端にぶつけても現れてくれない。なので隠すのは諦めて常時出したまま。

また、デスクトップの背景画像もUpgrade前のものが消えてしまった。まぁ大して思い入れがあったわけでもないのでいいんだけれど。

12.04てぇ事でHUDが使えるんだけれども、やっぱりこれは英語圏用だなぁ。いちいち日本語で打ち込むのが非常にめんどい。なので使うこともなさげ。
プロフィール

f_yamaki

Author:f_yamaki

アクセスカウンタ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク