FC2ブログ

U22 クウェート2戦目直前

1戦目を3-1で辛くも勝った日本だが、アウェイでの2戦目の心配事を。

クウェートは決して弱くない。
1戦目は、前半の動きから見て、0-2で負けても良い感じだったのだろう。
結果3-1で日本が勝ったわけだが、アウェイ得点があるので実質1-0で、クウェートとしては予想以上の結果を出せたと感じてるのではないか。

前半の日本の一方的な展開は、相手の戦術がそうであった事によるので参考にはならない。
クウェートのホームとなると、1戦目の後半の展開が終始続くと思われる。
そうなると心配なのが日本の守備。
1戦目ではほとんど見せ場のなかった日本の守備だが、ただ一度得点を許した場面が気になる。
ミドルレンジからのシュートに対してバックスはきちんと内から詰めていて、シュートコースはあそこしかなかったにも関わらず、GK権田は逆(DFが潰したコース)に動いて得点を許した。
守備の連携や信頼関係がうまくいっていない証拠だ。

クウェートがサイドを積極的に駆け上がったり、ミドルレンジからも積極的にシュートしてくるような展開だと、1戦目の後半のような展開が続くと2点は覚悟しておいた方が良い。
日本は1点がとれるかどうかが勝負になる。
1戦目のように大迫が外しまくるようだと非常に厳しい状況となるだろう。

なぁーんて事を思いながら、一番の問題は、
起きていられるかどうか
なのだよ。
今日はちょっと涼しくて、気持ちよく寝られちゃいそうなんだよな~
4時までかぁ・・・あんま自信ないなぁ
スポンサーサイト

日本 vs パラグアイ

仕事で見れてないんだが・・・4年間恨みます>某さん

で、良くやった、頑張ったと言われる事が多い日本なんだが、なんだかなぁの結末で。

PK戦ってぇのは、トーナメントで次の試合へ進むチームの抽選であることはルールに明記されている。
つまり、試合結果はあくまで引き分け。PK戦での敗退は実は負けではない。
だからスイスのWCで負けなし記録なんてのもあるけど、優勝してるわけじゃなく。
とまぁ結果からすると良くやったという事になるんだろうけども。

PK外した駒野が批判されたり擁護されたり大変な事になっているが、駒野の技術うんぬんを批判しているわけじゃぁないものが大半で。
PK戦になった時点で、もう勝敗は半々で、誰が外そうが責められるものでは無いことは誰もが承知しているはずだった。
で、
「できれば駒野に回る前に決着を・・・」
と思っていた向きを多かったと思われる。
と、そこで駒野登場ですか、えー、いや、ごく普通に順序考えれば、えぇぇ~
てなもんで。

これが駒野が6人目に登場して外したのなら、なんにも不満はない。良くやったよ駒野~、と言えるんだが・・・

なんちうかなー、K1の最終戦に曙の試合見せられたみたいで、せっかくの選手の活躍が何もかもパーにされたみたいで。
岡ちゃんのやる事は、だいたいがこんな感じ。
少なくともジーコの采配で不満を感じた事はないのに。

フランスの時もそうだったが、日本にとって最大の敵は監督なのだよなー
せめて試合の流れを邪魔しないでおくれよ。見るのが辛いんだから。

日本vsオランダ

なぜかメディアでは揃って、日本善戦!の大合唱なんだが、
どうみたってオランダの完勝。

前半は全く攻める気配なしのオランダ。
2トップだけ残して後方でパスを回して体力温存。
後方、中盤からはサイドへ開いた2トップへ預けるだけ。サイドバックの上がりも無く、中央のバックの裏を狙う事もせず。
日本も前からの守備を頑張ってはいたが、攻める気のない相手にそこまで頑張ってどうしようというのか。
この全く攻めてこないオランダと、100%頑張り体制の日本は、互角にもならず終始オランダがボールを支配。

で後半。
日本はたっぷり振り回された前半にも関わらず、後半開始時点での交代は無く。
対するオランダは後半開始直後からいきなり前線は2トップ+2列目二人のボックス体制。
そしてまたいきなり前半は影も見せなかったサイドバックがラインを駆け上がる。
もうこれは作戦どおり&やる気まんまんモード。
そしてこぼれ玉をミドルレンジからドーン!
まさに狙いどおりの展開。

対する日本はというと、
キープもできない本田を最後まで変えない。
かつ試合の中心の長谷部を下げてしまう。
結局ビハインドの状況から交代したのは、FW二人と中盤一人。追いつこうという意志はそこには何もない。
1点差負けで良し、の采配だったんだろうか。
岡崎のシュートは確かに惜しかったが、枠にも飛ばせなかったのだから所詮そんなもんなんだろう。

オランダにとっては後半もう2、3点とる予定だったかもしれないが、結果的に追加点がとれなかったのは、試合最後までモチベーションを維持でき、かつ次の試合にも繋がる良い結果だったかもしれない。

結局オランダの横綱相撲で何もできずに寄りきられた恰好なわけで、この試合に関しては策もなにもない、ほんとにつまらない試合になってしまった。
チャンスがあったとしたら前半のうちだったのだから、岡崎、玉田の先発でも良かっただろうに。
オランダに本田の1トップなんて通用しないのはわかってるのだから。

守りに守って0-1での敗戦。
これは決して善戦と呼べるもんじゃぁないんじゃないかなぁ。

やっぱり岡ちゃんのやることは全然わからん。

アルジェリア - スロベニア

地味なカードだけれども、ダークホース同士の戦い。
割とまとまったチーム同士なのでどうなるもんかと観戦中なのだが。

セルジオの解説があるからまだ観れているんだけれども、何度も言うけれど、なんとかならんのか右上の意味無しスーパー
ジダンを生んだ国アルジェリア
vs オシム絶賛!スロベニア
LIVE

なんでこんなんをずーーーっと出してなきゃならんの。
逆サイドのコーナーが見えないし、選手のアップは頭が全部切れてるじゃないか。

これならスポンサーの広告でも出しっぱなしの方がいいんじゃないの?
ったく、ワイドショー作ってるやつと同じ人間が同じ感覚で番組作ってるのかな。

もうなんちうか、このスーパー見ただけでがっかりだよ。
これがテレ朝クオリティってやつなわけだ。

所詮日本サッカー

対コートジボワール戦。

ドログバに怪我さしちゃったんじゃないだろうかと気が気じゃぁないし、下手したらトゥーリオ殺されちゃうかもよ、とか不安な中で。

日本サッカーのダメダメなところがはっきりと現われたのが、
終始視界を妨げた画面右上のスーパー

広告だっていうならまだしも、何の意味もない文字が、あちらサイドのプレーをずーーーっと隠しっぱなし。
この程度の意識のメディアの国なんだよなぁと。
この次はもう本大会は無理かもなぁと。

そう思った二時間あまり。orz
プロフィール

f_yamaki

Author:f_yamaki

アクセスカウンタ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク