FC2ブログ

真っ黒Ubuntu

今のところメインで使ってる、Ubuntu7.10

デスクトップで右クリック、「背景」を選ぶと、視覚効果というタブがあって、
追加効果:より綺麗な・・・
というのが気になって選択してみた。

と、ほどなくドライバのインストール。
ちなみにこのマシンのは NVidia GeForce4。結構古いんだが綺麗になるんだろうか。

Ubuntu-20080315.png


インストール終了で再起動。
いつものログイン画面でログインっ

・・・真っ黒ですた orz

とりあえず再起動して、ログインのオプションで、
セーフティモード(端末)で起動。
$>sudo apt-get remove nvidia-glx
で削除して再起動。

ログイン画面で「ドライバが無いよ」ってことで設定画面へ移って設定。
ログインするとまたそこでも再度ドライバ、解像度の設定。
んでもって復活。

ありゃ、キー配置がUSになってるし。

余計なとこ触らなきゃ良かった、折角の土曜なのに何やってんだか。
スポンサーサイト

Easy CD Creator 6 Basic

突然、というかしばらく使ってなかったんでわからんのだが、
Win XP Home ノートにプリインストの Roxio Easy CD Creator 6 Basic で CD-Rへの書き込みができなくなった。

現象としては、書き込み途中でだんまり。
キャンセル押してしばらくすると排出。んでもCD-Rの中央に少しばかり書き込むんで、もう使えず。

とりあえず Easy CD Creator をアンインストールして、再度インストールしてみた。
すると今度は、ドライブを認識しない。

EasyCDCreator_trouble


Drag & Dropでは、ドライブレターは表示しているが、ドロップすると、「ドライブにディスクが入っていません」。

この状態でもWin XP のライティング機能は生きていて、エクスプローラで書き込むと正常に終了する。なのでハード的な障害ではなさそうだ。

てなところで今日はやめ。
なんかのアップデートやらなんやらで直りそうな気がするけれど、調べるのはまた後日に。
今のところCD/DVDはLinux機で作成できるので、取り急ぎ困ることもなく。

OpenOffice.orgで出力したPDFの検索

某質疑応答掲示板で上がった質問。

自分でOpenOfficeからエクスポートして作った普通のPDF文書なのですが、
よくネット上であちこちにあるPDFファイルと違って文字列の検索がなぜか
細かくできません。



不思議に思ってやってみると確かに。
WindowsXP上のOpenOffice.org 2.0.2~2.3betaで出力したPDFを、Adobe Reader 8で日本語を検索すると、おかしなことになる。
pdfbugs_OOo2

これと同じ症状は、IBMから出たばかりのSymphonyでも出る。
pdfbugs_symphony

さらに、Adobe Reader 7ではもっと深刻な結果となる。
下のsnapshotは、OOo2.3(Win)で作成したPDFを、Ubuntu6.06上のAdobe Reader 7でn日本語を検索した結果である。
OOoPDF_ubuntu

オレンジ色が選択範囲を表すが、もうこれはどうにもならん。

これらのAdobe Readerによる検索で発生する不具合は、OOoWindows版でのみの現象のようで、Ubuntu6.06/Fedora Core 6上でのOOo2.x.xで作成した場合は上記現象は発生しない。(Adobe Reader 7/8で正常の検索結果となる)

Windows上で古いOOoで作成したPDFを探してきて日本語検索してみたが、OOo1.1.2の場合は、Adobe Reader 7/8で正常に日本語が検索できる。

OOoのPDF出力に関しては、表示が崩れるケースがあったり、日本語フォントの問題があったり、と当初から多少のトラブルがあったが、パスワード設定もできる現在の完成度は高く、この不具合も近い将来改善されるだろう。

まーうちの場合は、PDF出力するのは印刷予備軍としての用途が主なわけなので、検索ができずとも痛くも痒くも今のところはない。
(ちうか、なんでSymphonyが同じになんねん?)

Mebiusのファン

今日はSHARP Mebius PC-GP1-C5M

オールインワンDuronのノートで、2002年1月発売、Win XP Homeプリインスト、発売当初の実売価格13万くらい。

症状は
  1. 起動不可。HDDからBootできず。
  2. ファンから振動を伴う轟音
  3. CD/DVD読み取れず

HDDはカシュカシュという異音があり、取り外して別機へ繋いでもアクセスできず、明らかにアボーン。
パソコン工房 札幌店でUltraATA 40GBのを6千円くらいで購入して交換。

CDドライブは確かにメディアの認識が悪いが、レンズクリーナかけて何度か試してみると読める事があったので、とりあえずそのまま。

問題はファン。
掃除でもすれば幾らか良くなるかもな、と思っていたが、外してみると軸に若干ガタがあり。こりゃどうにもならん。
ファンが回り始めると振動もかなりあるので、HDDその他にも悪影響があるかもしれない。
でもノートのファンてのは市販のものじゃ合わなくて、多少加工が必要かも。
ということでこれも後日ってことで。

ネット上を探ってみると、ファンがうるさい/轟音というのはメビウスではデフォルトらしい。

各種ポートがついてて、PCMCIAのTYPE-III、CD/DVDドライブに、FDDもついて、13万なら買っちゃうのもわかるんだけれども、大変申し訳ないが品質やサポートの悪さの点でMebiusはお奨めしない。
まぁ、N製品やVaioなんかもお奨めしないんだが、奨めるとしたら可能な限り安い、例えばSOTECやツクモブランドとかHPとかの壊れても気にならないようなやつ。

ノートは部品の使いまわしなんかがなかなか思うようにならないので、新規で買うのなら2年で使い切るつもりで買いましょう。


--裏面。キーボードを外すには右上の2番目のネジを外すだけで良い。
PC-GP1-C5M_01


--表。キーボード上のカバーを右側にちょいとずらして持ち上げると外れる。
PC-GP1-C5M_02



--キーボード上部のネジを一個外すとキーボードが外れる。
上部左側に見えるのが冷却ファンと通風孔型のヒートシンク。
これはスプリング付きのネジ4本外すと取れる。
PC-GP1-C5M_03


--ファン、ヒートシンクを取り外したところ。アルミ製でファンの枠とヒートシンクが一体型となっている。
これがCPUに引っ付いてるわけですな。
ファン部はさらに小さいネジ4本はずせば外れる。指で確認したところ軸がカタカタとぶれるのを確認(T^T
PC-GP1-C5M_04

LaVie (LL800R84DH)

本日のブツは、NEC LaVie PC-LL800R84DH
20060706_lavie_front

2001/08発売で、AMD-Duron搭載、Win-MeプリインストのFDDまでついたオールインワン機。
電源を入れても画面は黒いままのトラブル。
電源入れるとファンが回りHDDにちろっとアクセスするもそのまま画面は変化なく。
HDDのアクセス音も『カシュッ』っという微妙なものなんで、とりあえずHDDを取り外してデータを退避の作業。

NECの製品は大体が細かなハードの説明がマニュアルに無く、LaVieのマニュアルにも、HDDがどこに付いてるか、取り外しはどうするか、なんて書いてない。
だいたい手前のパームレストの下あたりだと当たりをつけて、背面の手前側4本のネジを外す。
20060706_lavie_ura

そうするとキーボード下のパッド周りのカバーががばっと外れる。そこに居ましたHDD。
20060706_lavie_front2

HDDを固定してあるネジ2本と、邪魔な薄いプレートを固定してあるキーボード下のネジを外してHDDを外し、USB接続で他のノートに接続。
案の定幾つか壊れた部位があって取りこぼしはあるけども、できるだけ退避。
20060706_lavie_hdd


起動しない原因がHDDかどうかは、生きたHDDを繋いでみなければわからないが、感触としては画面周りの断線かコントローラの故障のような。BIOSも上がらないし。
ボード周りになるならメーカーに出すより手がなさそうだが、保障も切れてるし、新しいノート買った方が安いかもね...

あんまり役に立たないけど、とりあえずデータは吸ったぞ、と。(^^;
プロフィール

f_yamaki

Author:f_yamaki

アクセスカウンタ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク