FC2ブログ

うるさいwarning

最近は”ウォーニング”とか言う輩も増えた”ワーニング”。コンパイラやリンカが出す警告の事。

最近のHP-UXのccだと、使用していない変数がデフォルトで警告対象になった。んでこれがまたうるさい。
宣言のみで使用していないわけではなく、set but never usedなんである。代入はしたけども以降その値を使用していないよ、ということなんだが、簡単なケースはこんなの。
int foo(void)
{
...
int a = 10;
...(この間 aが現れず)
return 0;
}

この警告はC89/C99のどちらのオプションを使用しても出てくる。以前はwarningレベル上げないと出てこなかったのに。
まぁこんなものなら変数aの宣言行を削除してしまえば済む話だが、プリプロセッサが絡むと話がややこしい。
int foo(void)
{
int a = bar();
...
#ifdef _DEBUG
printf("a=%d\n", a);
#endif
...
return 0;
}

bar()を呼んでいるので、int aの行を#ifdef _DEBUGで括るわけにもいかず。
無理やりやるならこんなところか。
int foo(void)
{
#ifdef _DEBUG
int a = bar();
#else
(void)bar();
#endif
...
#ifdef _DEBUG
printf("a=%d\n", a);
#endif
...
return 0;
}

かっこ悪っ
もっと姑息にやるなら、
int foo(void)
{
int a = bar();
...
#ifdef _DEBUG
printf("a=%d\n", a);
#endif
...
if (a) {}
return 0;
}

とでもしておくとwarningが出なかったりする。
冗長なコードへの警告を消すために、さらに冗長な(無駄な)コードを追加するわけだ。情けなす。

で、何が一番の問題なのかというと、warningは消さねばならないというところで。
消さんくてもいいんだよ、warningなんだから
「いっぱい出ると見づらいので」、そんな理由で工数増やすかあほぉ
スポンサーサイト



打ちっぱなし

この歳になっても避けてきたものが幾つか。
DBまわりのプログラミングと通信まわりのプログラミング。そしてゴルフ。

DBまわり/通信まわりのプログラミングはどうしても避けて通れない場合もあって、最低限の理解とコーディングはできるんだが、ゴルフってのだけはまるで興味がなく。

営業職でもないので接待ゴルフする必要もないし、普段はサッカーやってるので特段運動不足ってわけでもなし。金もかかるし、と。

それがサッカーの身内の間でゴルフが大流行。まぁみんなそれなりの歳だし、たしなんで当たり前なんだが、それでも頑なに拒否し続けて幾年月。とうとう年貢の納め時だろうか、コンペなるものにエントリーされてしまう模様。
っても、これまでクラブを振った経験も皆無なわけで、半強制的に打ちっぱなしってぇ所に連れて行かれた。

経験と言えば、”遥かなるオーガスタ”をゲームでやった程度の人間が、いきなりドライバーを手に持って振るわけだこれが。
まぁなんとか3本に2本は前に飛ぶ。がしかし前に飛んでも超スライス。
後方からは、やれ、”体重の移動が”だの、”トップの位置が”だの、”開きが””壁が””手打ちだ””肘が””三角形が””遠心力が””へっどあっぷで”etc,etc,etc...

ゴルフなんてふんっ

パロマ

事件の状況をさっぱり把握しないまま、世の中結構騒ぎになっていたパロマ。

TVのニュースで「21年前、札幌市中央区で二人死亡」というのを見て思い出した。
当時、同じ職場で働いていて、大層世話になったN氏だ。
こちらが無職の時期は仕事の世話もしてもらったし、毎日朝方まで一緒にススキノを飲み歩き可愛がってもらった。
一時期スナック経営もしていて、女性にも随分もてた人だったので、亡くなった知らせを受けたときも、「女性問題で心中か」と勘繰ったくらいである。ごめんなさい。
その後、ガス事故であったと聞いたが、まさかこんな馬鹿野郎どもの犠牲になったとは...

葬儀の時の安らかな顔が浮かぶ...
くそっ

WCとジーコと小野&ジダンとボロボロの俺

今週末はシニアのサッカー。今日はGKでロクな働きもしてないくせに身も心もボロボロ。(^^;

んでまぁ先のWCでも振り返ってみようかと。丁度TVで宮本特集もやってたことだし。

この番組中でインタビュアの質問に、「オーストラリア戦での小野の投入は機能したのか?」というのがあった。
緒戦の敗戦は確かにショックだったろうし、最後まで影響があっただろうとは思うが、この「ジーコは信頼できたのか?」のような質問には腹が立つ。

セルジオ越後は「素人監督」と切って捨てるジーコ監督だが、日本人監督達がかつてサポータから浴びせられていた罵声がジーコには少なかったのは単にネームバリューだけではない。多くの場面でその采配は合理的であり積極的なものであり、つまりそれは各選手への信頼の現われなのだろうと。

アメリカオリンピックで中田を外し続けた監督や、フランスでカズを外して消極的なサッカーに終始した情けない采配はジーコにはない。
オーストラリア戦での小野の投入も、中盤でのキープとバランスを期待したものだし、何よりもう一点の気持ちの現れと思っている。実際TVの前で「小野だ!小野を出せ!ジーコ!」とあの時叫んでいた。あの場面では小野が必要だったのだ。天才 小野が。

ところが悲しいことに小野自身がいつのまにかその天才ぶりを忘れてしまっていた。
日本代表でもフィエノールトでも「サッカーはサーカスじゃない」と叩かれ続けた小野は、いつのまにか自身のポジションを3列目からのパサーとしてしまった。
動きの止まったオーストラリアに対して、小野は中村やトップへのエンジェルパスを意識して動き出した。「ちゃうねん!お前はフランスの時のように悪童の顔して5人抜いてシュート打っちゃるくらいの勢いでいかなあかんねん!」。ジーコもファンも期待した天才小野は結局勘違いしたままサーカスは見せてくれなかった。中盤としての役割は十分果たしたし機能したと思うから批判されるものではないとは思うが、天才小野ではなかった。
Jリーグの古巣で天才小野はまた輝きを取り戻せるんだろうか。

ちうことで、ジーコの采配は監督として卓越したレベルではないけれども、一貫したものがあるし、あぁしていれば、こうしていれば、という余地もない心地いいもんだった。
まー、ツキの具合によっちゃいいとこ行けたかもしれないけれども、だいたいこんなもんでしょー。

########
ついでにジダン
同情票も随分と集まったジダン。まージダンらしくていいんじゃね、と。
ところがやっぱり腹立つのはマスメディア。フランス・イタリアは自国の事だからいいんだけれども、日本のワイドショーメディアの腹立つこと。
バックスはいつも挑発してくる。誘いに乗っちゃだめ。というような、あちらこちらのストライカーのコメントを並べ立てて、この後に及んでもまだジダンを聖人扱いしようとしているようで。

だいたいサッカーでFWやる人間てのは自己中心的でなければやっていけないんで、聖人なんてのは居ない。
実際、試合中に相手に罵声を浴びせるのはFWなんである。DFは一試合中に数々の罵りを受けながらも冷静にプレーしなければならない。微妙な接触プレーも避けながら、不利な立場で頑張っているのがDF。
それをちょっと言い返したくらいで頭突きくらってさらに非人間扱い。
なんだかんだいっても今回のWCの最優秀選手は実質はカンナバロとマテラッツィという評価は動かぬところだろうに。
ジダンは好きだけど、聖人に仕立て上げる必要がどこにあるのかと。教科書にでも載せたいんかおまいら。

########
ついでのついでだが、
鳥栖に0-4ってなんじゃこりゃ!!>コンサ
しかもこないだまでコンサに居た新居(酒気帯びで事故ったかなんかでクビ)に2点取られやがって!
ったく

指マウス

やべー、ちょっと欲しい...

http://donya.jp/everg/7.1/4547479501608/

yubimouse

MS Office 2007

MicrosoftからOffice 2007のラインナップの発表があった。
http://www.microsoft.com/japan/presspass/detail.aspx?newsid=2753

正確にはthe 2007 Microsoft(R) Office systemらしいんだが、見よ!この衝撃のラインナップ!
Microsoft(R) Office Professional Plus 2007
ボリュームライセンスのみで提供されます。従来の「 Microsoft(R) Office Professional Enterprise Edition 2003 」の後継製品でありながら大幅に機能が強化されており(略
Microsoft(R) Office Enterprise 2007
ボリュームライセンスのみで提供される新製品です。「 Microsoft(R) Office Professional Plus 2007 」が持つ全ての機能を提供しつつ、さらに「 Microsoft(R) Office Groove(R) 2007 」および「 Microsoft(R) Office OneNote(R) 2007 」を含み、コラボ(略
Microsoft(R) Office Ultimate 2007
パッケージ製品において提供される新製品です。「 Microsoft(R) Office Enterprise 2007 」とほぼ同等の機能を提供し、個人ユーザーのニ(略
Microsoft(R) Office SharePoint Server 2007
ポータル、コンテンツ管理、ビジネスプロセスの管理、ビジネスデータとの統合や検索機能を提供する 2007 Office system サーバー製品の中核製品です。「 Microsoft(R) Office SharePoint(R) Server 2007 」は組織のコラボ(略


いや別に”衝撃”ってことも無いんだが、エンタープライズにウルティメイトにって、すげーよマサルさん並みにすげーよ。

普通にPersonalとかStandardとかもあるわけなんだが、ちなみにPersonalだと、
  • Microsoft(R) Office Excel(R) 2007
  • Microsoft(R) Office Outlook(R) 2007
  • Microsoft(R) Office Word 2007

こんだけ。
Ultimateだと
  • Microsoft(R) Office Excel(R) 2007
  • Microsoft(R) Office Outlook(R) 2007 with InterConnect 2007
  • Microsoft(R) Office PowerPoint(R) 2007
  • Microsoft(R) Office Word 2007
  • Microsoft(R) Office Access 2007
  • Microsoft(R) Office InfoPath(R) 2007
  • Microsoft(R) Office Publisher 2007
  • Microsoft(R) Office OneNote(R) 2007
  • Microsoft(R) Office Groove(R) 2007

使えねーよこんなに(^^;

サーバ関連もたくさん増えてもぉ何がなんだか。

とりあえず添付資料あたりは関係者は見ておくように。
わたしゃ要らん。(ちうか買えねーってぇの)

WC終焉

'82スペイン大会以来の24年ぶりとなるイタリアの優勝で、2006 FIFA World Cupは幕を閉じた。
ジダンの一発退場というおまけ付きだったが、しかしまぁ、決勝トーナメントに入ってからの延長戦の多さよ。PK戦だけでもこれで4つ目だし。

延長/PK戦での決着が多かったのが今大会の特徴と言えるだろうが、サッカーにおけるPK戦はあくまで次の試合への抽選であって、負けにはならない
だからイングランド、スイスは今大会は記録上負け無し(1次リーグで引き分けはある)ということになる。

スター不在だの不発だの、警告が多いだの点が少ないだの、いろいろ言う向きもあるだろうが、つまらない試合が少なく、見ていて面白かったからOK。
世界的な流れとして、フォーメーションやシステムよりも、まず根性という感じが良く出ていて、日本の生ぬるさも良く見えた大会であったなぁと。

とまぁいろいろあるんだけども、正直、
やっと眠れる
のがホッとするところで。
遅れまくりんぐの進捗を取り戻さねば...

皆様、お疲れ様でした。また4年後に。

notepadとUnicode

客先実行環境だとまともなエディタが入っていなくてnotepadでこちょこちょと、という事も多いんだが、意図せずにUnicodeになってしまってエラー爆発、って事もたまにある。
保存する際に文字コードをきちんと選択すれば良いのだが、忘れることもあり...
Win95/98/98SEではUnicodeを使えず、NT/2000/XPで作成したiniファイルを持っていって叱られることもあった。さらにWin2000ではファイルを開く際に文字コードを指定できないので困ったことになる(んだよな確か...違ってたら御免。各自で確認せぇ)。

Windowsのメモ帳(notepad)に文字化けするバグ - スラッシュドット ジャパン

ASCIIのつもりで保存したテキストをnotepadが開く際に自動認識がUnicodeと誤認して文字化けが起きるというバグと紹介されているが、もちろん仕様だろう。(^^;
あれこれ混在の環境でBOM無しUnicodeをきっちり扱えってのがどだい無理な話で。

とまぁ、おまけとしては良く出来たnotepad/wordpadなのだが、Winのバージョンによってあれこれ機能に差があるのは困ったもので。
上にも書いたが、Win95/98/98SEのnotepadはUnicodeが扱えない。しかしwordpadはUnicodeが扱える。(Meはどうだったか失念)
逆にWinNT/2000/XPのnotepadはUnicodeが扱えるのだが、NT/2000のwordpadはUnicodeが使えない。XPのwordpadはUnicode可

XPになってnotepadからファイルを開く際に文字コードを選択できるようになったのは喜ばしい。

けど使いたくないよ基本的に。(^^;

### 2006/07/09
いや、Win-2Kのwordpadでは開く/保存時にUnicodeテキストが指定できる。むむ?NTだけだったか?
んー、wordpadの方はかなり怪しいので取り消し線つけとこ。

LaVie (LL800R84DH)

本日のブツは、NEC LaVie PC-LL800R84DH
20060706_lavie_front

2001/08発売で、AMD-Duron搭載、Win-MeプリインストのFDDまでついたオールインワン機。
電源を入れても画面は黒いままのトラブル。
電源入れるとファンが回りHDDにちろっとアクセスするもそのまま画面は変化なく。
HDDのアクセス音も『カシュッ』っという微妙なものなんで、とりあえずHDDを取り外してデータを退避の作業。

NECの製品は大体が細かなハードの説明がマニュアルに無く、LaVieのマニュアルにも、HDDがどこに付いてるか、取り外しはどうするか、なんて書いてない。
だいたい手前のパームレストの下あたりだと当たりをつけて、背面の手前側4本のネジを外す。
20060706_lavie_ura

そうするとキーボード下のパッド周りのカバーががばっと外れる。そこに居ましたHDD。
20060706_lavie_front2

HDDを固定してあるネジ2本と、邪魔な薄いプレートを固定してあるキーボード下のネジを外してHDDを外し、USB接続で他のノートに接続。
案の定幾つか壊れた部位があって取りこぼしはあるけども、できるだけ退避。
20060706_lavie_hdd


起動しない原因がHDDかどうかは、生きたHDDを繋いでみなければわからないが、感触としては画面周りの断線かコントローラの故障のような。BIOSも上がらないし。
ボード周りになるならメーカーに出すより手がなさそうだが、保障も切れてるし、新しいノート買った方が安いかもね...

あんまり役に立たないけど、とりあえずデータは吸ったぞ、と。(^^;

OSC 2006 北海道

OSC(オープンソースカンファレンス) 2006 北海道が、2006/07/15(土)に北海道大学で開催される。

日時:2006年7月15日(土) 10:00~17:20
会場:北海道大学情報科学研究科棟2階

内容:
・展示 オープンソースコミュニティ、企業・団体による展示
・セミナー オープンソース、セキュリティ技術の最新情報を提供
参加費:無料
OSC 2006 北海道のサイト

予定されているのは、
  • Linux, FreeBSD他のOS関連
  • MySQL, PostgreSQLのDatabase関連
  • Xenによる仮想化関連
  • OpenOffice.org2.0関連
  • Web-Security関連
  • その他諸々
などの講演、ミーティングなどのイベント。

OSや仮想化関連の話も聞きたいのだが、何より、OpenDocumentの今後の展開を聞いてみたい。

誰か一緒に行かんかね
ちうか、細かなスケジュールが良くわかんね(^^;

STS-121

WCの興奮ですっかり忘れていたが、7/1はスペースシャトルの打上げ予定日であった。
20060701_space_shutle_01


各所から「十分なテストができていない」と突き上げられながらもの強行スケジュールだが、悪天候により打上げが24時間延期された。

えっ!?
新しい打上げ時刻は日本時間の2006/07/03 4:26 am

4:26 am


いや、これ、ほんとに死んじゃうっての、寝不足で(T^T

NASA: http://www.nasa.gov

### 2006/07/03
悪天候により 日本時間5日午前3時38分 へ再延期~

### 2006/07/05
予定通り、打ち上げ成功!
がしかし、問題は帰還時の大気圏降下...

さらにWC

相変わらずWC。
今、準々決勝3試合が終わった時点で勝ち残りは、
ドイツ
イタリア
ポルトガル
(ブラジル-フランスはこの後すぐ)

一押しイングランドがポルトガルにPKでヤられますた。
ジョー・コール、ジェラード、ランパード、ベッカム、と豪華な中盤が揃って、今回こそは優勝に手がかかるかと思われたんだが、優勝への必須アイテムだったルーニーが早々に退場。
ゲルマン魂に負けない程のモチベーションもこの辺りで徐々にしぼみ始め、粘った末のPK戦も、全て枠内でキーパーに弾かれるという悲しい結果で終わった。

まぁマラドーナもベッカムもWCでレッドカード貰ってるわけだから、ルーニーを責めるつもりは無いけれども、得点ゼロで退場で終了した情けなさを忘れずに次のWCも出てきて欲しい。

決勝予想はブラジル-ドイツなんだけれども、もしかするともしかして、フィーゴ - ジダン のロートル対決になっちゃうかも、という不安も...

さぁブラジル-フランス戦、最後まで見届けないと。
(明日、自分のサッカーなんだが...走れる気がしない(;; )
プロフィール

f_yamaki

Author:f_yamaki

アクセスカウンタ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク