FC2ブログ

忙しさとせつなさと心強さと

いや、ただなんか疲れたなぁと。

数年前から比べると、短い工期で作業量は3倍みたいな感じで。
単純に考えれば、工賃は1/3という事なんだが、人間なのでそうもいかず。
結局トレードオフされたのは品質なんだろうなぁ。悲しいことに。

高い賃金でのらりくらりやりたい訳ではないんだが、本来ならシステマチックにして負担を減らさねければならない部分がどんどん手作業に逆行していくわけで、思考が分断されるなんてぇレベルではなく、効率を悪く悪くしながら作業が増えているので、何といっても気持ちが追いつかない。

例えばExcelでのドキュメント。
プレゼンシートのようにひたすら体裁を整える。
フォントが大きさが色が、と内容とは関係なく、しかもタグやCSSのようにスタイルがあるわけでもなく、ひたすら手作業で、「こっちのと見た目があってない」なんてバグ表が上がる。
知らんちうのに。

例えば開発ようのサーバ。
相変わらず一つのアカウントを全員が使う。版管理もせずに日付のフォルダやらアーカイブやらがごそごそできて、何がどうなっているやら。
単体用のモジュールの置き場さえない。

例えばスケジュール。
できあがりの「もの一覧」のガントチャートのみのスケジュール。
工程は管理せずに、出来上がりの管理のみなので、きっちきちのスケジュールに現れない作業もどんどん出てくるが、それを吸収などできるはずもなく。負担は個人のサービス頼み。そしてそれを強制。

この方向で何ができあがるのか本当に不安なんだけれど、歳とってきちゃってるので、またこれがなんとかなっちゃうわけで・・・

もうちょいと小さなグループでしっかりしたもの作りをしたいなぁ、とちょっと遠い目をしてみたりする・・・
スポンサーサイト



Happy Binary Day

今日は11月11日。
1111 ということで、バイナリ・デイなそうな。

ぞろ目って事で、バチンコ屋のイベントデイってのが身近なんだけれども、とりあえずこういう業界なのでバイナリ・デイって話題で。

まぁたかだか4ビットが立ったくらいでそう騒ぐ事もないし、十進で言うと15だから、なんてことはない数なわけなんだが。

ちなみに5本の指をビットに見立てて数える、二進指数え法だと、0~31までの数を表現できる。原理としては。
これ、やってみるとわかると思うが、5ビット目は非常に厳しい。特に16。小指だけなんて曲げられないっす。(涙

sl

(便利で)くだらないUnix技は?(/.J)で、久々に、歌代氏の名前を見かけたので訪問してみる。

log.utashiro.com

この方、jcode.plの作者であるのだが、Wikiによると知名度はいまいちらしい。(^^;
先の/.Jで話題にされていたのは、lsと間違ってslと打ち込んだ時にSLが走るというジョークプログラムの作者としてだった。
slコマンド

このブログも更新頻度は低いのだけれど、読んでいくと面白い。
その中でみつけたこんなフレーズ。
役に立たないものも作れないのに、役に立つものが作れるものか。

沁みる・・・

再帰SQL

某所で「そんなんSQLじゃできねーよ」と偉そうな口聞いていたら、SQL99には再帰SQLってのがちゃんとあるではないですかですかですよ。

WITH句によってOracleのようなサブクエリを前置定義できるんだが、その中でそのサブクエリ自身を呼べる。
つまりだ、某所での質問は、
A,Bのフィールドを持つレコードのTBLがあり、BはAの変更前の値が入っている。aという値の変更履歴を全て出力したい

AのBをとって、B=AのBをとって、B=AのBをとって・・・と、
単純にやるなら、PL/SQLやTransact-SQLでループさせて処理しかないと思ったんだが、再帰SQLを使うとこうなった、と教えてくれた。
WITH subq(A, B) AS (
SELECT TBL.* WHERE B > 0
UNION ALL
SELECT y.A, y, B FROM subq AS x, TBL as y
WHERE x.A = y.B
)
SELECT A, B FROM subq;


OracleやSQL Server, PostgreSQL, 諸々、最近のSQL99をサポートするものならできるらしい。
うーん、これは結構使っちゃうかも。
ってぇか、DBはやっぱり専門外だからなぁ・・・

Nintendo DSiのWEP

そろそろあちこちでツッコミが入れられている、
Nintendo DSi

Nintendo DS/DS Liteでは、無線機能はついてはいたが、その設定はゲームソフトウェア側でそれぞれが行っていた。
それを今回のDSiでは本体設定可能とし、同時にWPA, WPA2の強度の高い暗号処理に対応できることとなったわけだが、従来のソフトウェアはWEP設定でないと繋がらない。

接続先毎に暗号化設定を行えるマルチなルータも出てきてはいるが、まだ市井のルータの大半は、一種類の暗号処理への対応でしかない。だから、Nintendo DSを繋いでいる家庭はWEPにするしかない。

巷で騒がれているように、104bitのWEPも数秒で破られてしまう状況で、もはやWEPは適切な暗号処理とは呼べない状況にある。
使う側が意識しているのであればまだ救いがあるのだが、公の場で、”WEPでも結構大丈夫”みたいな事を書いたりするのは謹むべきだろう。

と書くのは、ネット上のQA掲示板で、
「うちもWEPだけど大丈夫」、とか、「WEPがだめなわけではない」、とか、公の場で書いちゃう人がいるのが気になって。

DSを接続している家庭では、やむなくWEPを使わざるを得ないのは事実だけれど、それを意識して使わないとさ。
銀行取引等はそれ自体が暗号化されているのだろうけれど、大抵の場合、それ以外の(暗号化されない)パスワードなんかも似たようなものに設定したりするわけで、ずーっとデータ取得されると危険度はぐぅっと上がっちゃうわけで。

危険度は使用者それぞれで異なるんだけれど、一般論として語るのであれば、危険ですよとしないといかんのじゃなかろうか。
プロフィール

f_yamaki

Author:f_yamaki

アクセスカウンタ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク