FC2ブログ

私が死んでも代わりはいるもの

仲村みう 綾波コスプレに大感激 - スポニチ Sponichi Annex

ちょっとちょっと、綾波のイメージじゃねーだろー
ちうか、仲村みうって誰やねん(・・;

まったり笑顔で首の短い綾波ってなー・・・

と思いながら”仲村みう”で検索してオフィシャルブログを覗いて見ると、
http://ameblo.jp/nakamura-miu/entry-10289214921.html

似合わぬ綾波コスプレでしたが
へたくそなイラストでしたが
皆様お許しください。
あとここだけの話
プラグスーツ暑いよ。
特に首回りが!
それに首短いから
スーツに首乗っかってるよ。
哀れw

って、本人、なんと正直な!ファンになっちゃいそう。
(っつーても何やってる子なんやらわからんが)
スポンサーサイト

A2

本日は一日だけの五反田ホテル。
値段からすれば(ち)の方が安いんだけど、今晩だけはどうにも満室で取れなかったのでこちらへ。

以前来たのはかなり前なので、場所が怪しいのでホテルのホームページで確認。
地下鉄A2から出たら0分。
そうそう、そんなところだった。

でもって0時をまわろうかって時間にチェックインなわけで、荷物を背負いながら地下鉄の駅の中を右往左往。
やっとこみつけたA2の案内板に従順に歩き始める。

が、しかし!
行き止まり
あー、そういえば遅い時間になると通路が閉まっちゃうんだよね、確か。
思い出した思い出した。

でも場所が思い出せない。
地上に上がるとそこはフライデーナイッ。人大杉です。
さんざん迷って汗かきながらのチェックインはこの時間。orz

疲れた心と身体に、さらに試練を与えたもうか神様は。
こんなに疲れてしまうと逆に眠れないので、漫画でも読む。(^^;

え?うん、そう、土日も出るよお父さんは。
はよう仕上げて帰らないと7月の仕事が無いもの。(T^T

知命

いやいや、まだよまだよ。

四十が不惑なのは知っていたが、はて、五十は・・・と考える歳になってまいりました。orz

知命

”命知らず”??、”寿命が知れる”??
とか怪しい事を想像しちゃうけれど、そうではなくて、
天命を知る
ということで。

はてさて、こんな人間にも天命はあるのか、空を見上げて両手を広げてみると・・・

怪しいデムパを受信しそう・・・だがそれは既にデジタル。

UNIX Cでマルチスレッド

基本的な例はググれカス。(^^;

まぁ標準あれこれのおかげで、Cでのマルチスレッドはpthreadを使えば十分信頼できる時代になったので難しいわけではないんだけれど、スタッフ的にアレな人やコレな人が混じる事を考えると躊躇してしまう事の一つではある。

一つには排他。
Thread間でのやり取りには無くてはならないもので、しかも無くてもそこそこ動いてしまったりするのでとってもやらしい部分。
単純なマルチスレッドでも、pthread_mutexや、pthread_condなんちゃらを駆使しないとできるもんじゃない。

もう一つヤバいのが、”スレッドセーフ”という意識。
他者が作ったモジュールそれぞれが、スレッドセーフであるかどうかを検証するのは結構きつい作業で時間もかかる。
再入という言葉さえ知らない人間が、スレッドセーフを考えるはずがない。

だから特に後付でのスレッド化は結構面倒な作業なんだよね・・・

とか言いつつ、寝ないで仕上げちゃうのがプログラマの悪いところで。誰もほめちゃぁくれないのに・・・

Just System 社長交代

レスラー三沢が同い年だと思ったら、こちらも同い年。
ジャストシステム新社長に福良氏、創業者浮川氏は会長に - asahi.com

NEC-PC9801シリーズとともに、パソコン創生期を支えた一太郎シリーズ。
特に80年代は凄まじかった。が、意外にその期間は短い。

JS-WORD、jx-WORD太郎から発展した一太郎が登場したのが1985年。
まさに秒進分歩の時代で、ATOKとともに毎年バージョンを上げ、1987年に一太郎ver.3を発売。
テキストデータと属性データを分離したスタイルでの完成形とも言える、黒い画面の日本語ワープロソフトとしては最高の出来だった。
そして世界を驚かせたのが、ジャストウィンドウを引っさげてデビューした一太郎ver.4
1989年の発売当時、マウスによるGUI操作で、複数アプリケーションでの連携を実用レベルにできているものはなかった。
MS-Windowsもこの頃はまだ2.0。日本語版は殆ど普及していなかっただろう。一部企業が英語版Windows 2.11を使っていただろうか、という時代。出来栄えではジャストウィンドウが断然勝っていた。

だがこの独壇場も、パーソナル機器の劇的な性能向上、Windows 3.1の登場で一気にかげる。
1993年、一太郎ver.5はWindows 3.1日本語版の発売と被り、DOS版~Windows版~Mac版と次々に発売する。
短期間でのマルチプラットフォーム対応でその技術力の高さに驚くのだが、この節操のなさが逆に多くのバグを表面化させ、かつ"NECで一太郎"というブランドイメージを悪化させてユーザが離れだした。
鳴り物入りの簡易言語"Just Script"は期待に反してバグバグだった。
サポセンに電話で問い合わせたら、なんと、「使わないで下さい」と言われて大いにへこんだものだ。
そしてWindows 95時点では、MS-Excel/Wordの評価が高まるにつれ、一太郎離れは進んでいった。

とはいえ、国産ワープロソフトとしての売上は、一太郎 2009になる今も上位であるんだけれど。


で、件の福良氏は、1983年ジャストシステム入社ということで、一太郎/ATOKを育ててきた生え抜きということで、古き良き時代よカンバーック、ってぇところか。
まぁ実際は、終着点を探す旅になるんだろうけれども。


と、遠い目で思い出しながら整理も兼ねて書いてみたんだけれども、
実はわたしゃ、VJE-Pen使いだったのを今思い出した。(^^;

インドリ最終ヲチ

http://indori.blog32.fc2.com/blog-entry-783.html

あーあ、とうとう壊れたかね。なんちう脆さだ。

文体にももう魅力が感じられないので読む事も無くなるかな。

あぁ、三沢光晴

2代目タイガーマスクとして名を馳せ、ノアを立ち上げ現在も活躍中だった三沢光晴が、試合中に倒れ、そのまま亡くなった。

misawa mitsuharu
(無許可画像)

TVのバラエティにも出演したり、その人間性に惹かれた人も多いんじゃないだろか。
面倒見も良くて人望も厚く。まったく惜しまれる。

今知ったけど、同い年やん・・・

インドリ氏ヲチ

なんか最近ヲチ(net-watch)ばかりしてる気がするのは、ちょっとウツな仕様のせいです。:-P

で、あれこれお騒がせのあった、インドリ氏のブログ - 無差別に技術をついばむ鳥ですが、
2009/06/07のエントリでまた少々辛らつなコメントが付いている。
中の人の徒然草217

問題とされるのはこの部分。上記エントリの一部抜粋。(太字,色付けは私の編集)
何故そんなに私たち兄妹が宗教建造物が好きなのかと言いますと、匂いや空気もいいし、教会もお寺も行くと、産まれ故郷の様な懐かしさを感じて、とても気持ちがいいからです。といっても私は無宗教です。私は神仏どっちでもいいじゃん♪という多神教のゆるい考えの持ち主です。色々いって統一したがる人も居ますが、邪教でなければ宗教にも多様性があった方がいいと思います。私の考えは万事そうです。何か一つに拘ると危険だと思います。
兎に角、ゆる~く生きましょう♪其の方が絶対に人生楽しいと思います♪

まー、ただのブログなんだし、と言ってしまえばそれまでなんだけれども、この太字部分は要らなかったのになぁ。

きついコメントが幾つかついているけれども、それらはインドリ氏を”もの書き”として見ているからこその批判だろうと思われ。期待されてるっちう事で。
で、これにまた、「いちいち突っかかってきてうぜー」臭漂うコメントを氏が返すもんだから(^^;

確かにお祭り以降の一連の徒然草は、内容が獏とし過ぎていたり、主張が見えないものが多くなっていきているので、読み物としての面白みは随分失われている。

とはいえ、ここのようなチラシの裏じゃぁ無い事も確かなので、
読むほうも書くほうも、大変ですなぁ
というオヤヂの寝言でここは締める。

※ここは”俺ブログ”だからいいのだ。

ドメイン

たまたま見かけたお名前.comで、6/10まで920円セールをやっていたので衝動買い。

とりあえず.comドメインを一つとってきたけど、レンタルサーバを借りたわけでもなく、DNSの設定もしてないのでまだ何も使えない。
そのうち自宅マシンに設定しないと。

今のところ無料DDNSで自分が使う分には不自由ないしな。

ちなみに上の920円セールは、3年分まとめ払いなので2,640円也。

食いタンのみのタモツ

斜陽の一途かと思いきや、新都社に凄いのが出ている。
ニートノベル連載中の、
食いタンのみのタモツ - by 点数計算の出来ない吉田 先生
(今日現在、第十一話まで連載中)

麻雀放浪記を超える壮大な展開と人間模様。
コメントにもあるように、これはもう天才かもしれんね。

以下、作者に許可も得ずに勝手に紹介。


第三十七回全国麻雀大会 参加者一覧(登場順:第十一話まで)
(奈良県代表)食いタンのみのタモツ
(山口県代表)鳴き三色の和子
(和歌山県代表)小三元をあがったことがある吉元さん
(茨城県代表)捨て牌の並べ方が丁寧な池上
(長崎県代表)戦場帰りの平和主義者スタローン
(香川県代表)国士無双イーシャンテンだった香織
(千葉県代表)天和以外は役と認めない桜木
(滋賀県代表)いつでもドラ十四の佐吉
(鳥取県代表)点数計算の出来る田中
(前回優勝者)ドンジャラ良江
(静岡県代表)テンパイ即リーのバッベボン・B・バベ男
(大分県代表)人数合わせの伊藤
(岩手県代表)流しのガンマン、ジョー・ジョニー・ジョー
(熊本県代表)トントン
(富山県代表)カンカン
(大阪府代表)ランラン:(田坂金幸)
(不明)喀血の
(埼玉県代表)ダブリーダブリン真一郎
(神奈川県代表)畑中純ちゃん
(愛媛県代表)ソクポンクレス


総勢四十八名によるこの大会もまだ一回戦第三試合の途中。
乗り遅れるな!
(作者へコメントもよろしく)

実践 Rails

キリン本を飛び越えて、本日はシマウマ本を読みふける。
実践 Rails - O'REILLY

とりあえずさっと読んだ後にキリン本を読み直す予定。
そしてまたシマウマ本へと戻る予定。

途中で飽きなければ、ね。(^^;
プロフィール

f_yamaki

Author:f_yamaki

アクセスカウンタ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク