FC2ブログ

見たい映画覚書

制作費135万円、興行収入90億円超、という話題の
パラノーマル アクティビティ

2010年日本公開ということなので、忘れないようにメモ。
スポンサーサイト

Ubuntu 9.10 Netbook Remixのランチャ表示崩れ

Eee-PC 4GへUbunt 9.10 Netbook Remixを入れ、日本語表示のパッチを当てると、ランチャのアイテムがシステム設定他で2列表示となり、アイコンが重なり選択できないものが出てくる。

日本語表示としたことで、左ペインのメニューの幅が広がった事によると思うのだが、800x480しか表示できない機種では結構辛いこととなる。
ubuntu 9.10 netbook 1
とりあえずフォントを小さくすればなんとかなるだろうと思うが、肝心の画面設定が選択できない。
ところが、メニューの「お気に入り」を選び、右ペインで右クリックすると、「デスクトップの壁紙を変更」が現れる。
ubuntu 9.10 netbook 2
この壁紙設定ダイアログにはフォント設定のタブがあるので、そこでフォントを変更する。
ubuntu 9.10 netbook3
デフォルトでは全て10ptだが、このうち「アプリケーションのフォント」を7ptにすると、ようやくランチャのシステム設定のアイコンは3列で並んでくれた。
ubuntu 9.10 netbook 4
年寄りには小さな字は結構辛いんだけれど、まぁ綺麗に出るしこれでいいか。(^^;
そのうちランチャも直るでしょう。

FreeBSD 8.0 Release

興味の無い人にはどうでもいい、FreeBSD8.0 Releaseが公開された。

といっても、正式なアナウンスはまだ無い状態で、ftpサーバにひっそりと上がっているだけ。
freeBSD8.0release ftp snapshot

いろいろ頑張ってる人たちが居て、今回もいろいろ面白い事にはなってるんだけれど、自分が使うにはもうちょい様子見てから。ごめんね>中の人

ntpサーバ

今まで全然知らんかったのだけれど、WindowsってXP pro(Homeでも?)、ntpサーバになれるんすね。
とりあえずクライアントとして「インターネットで同期する」にしてサーバを登録。
ちうか、それだけ。
NTPのポートは大抵は塞がってるので、ファイアウォールでUDP:123を開けてやれば、他のPCのサーバとして機能する。
(考えてみればそういう仕組みがNTPなんだろうけど)

それでもXPマシンをサーバに使うのはどうかと思うんだが、どうせうちではWindows機使わないし(^^;

Ubuntu 9.10 Netbook Remix でE-mobile D11LC

ASUS Eee PC 4Gへ、Ubuntu 9.10 Netbook Remixを入れてみた。

デスクトップ機でUSBメモリへインストールイメージを作成し、プスっと刺してインストール。

Netbookで大きく変わったのが、起動後の画面、netbook-launcher。
800x480という小さな画面のEee PC 4Gではきつい感じの、左サイドにメニュー。右サイドにアイテムという構成。
日本語環境のUpdateを当てると左サイドのメニューが日本語表示になるが、フォントの関係で左サイドの幅が広がるために、アイテム(アイコン)表示が2列となり、表示が崩れ、ところどころ選択できない状態となる。
netbook-launcherの設定でどうにかなるかと思ったが、いまのところ見つけられず。次のUpdateまで待つか。
また本体のWebカメラを認識してくれない。これもまぁ使ってないからいいんだけど。本体カメラはupdateで認識されたので問題なし。

で本題のE-mobile D11LC。
以前と同じように、usb_modeswitchをインストール後、
#sudo modprobe usbserial vendor=0x1c9e product=0x6061
#sudo usb_modeswitch

として、/dev/ttyUSB0..が作成されることを確認。
gnome-pppをインストールして、sudo gnome-pppと機動し、SetupfからDetect。
後はem/em, *99***1#へダイアルアップで問題なく接続。

まぁとりあえずはいいかな。

Ubuntu 9.10

Ubuntu 9.10 Desktop 日本語 Remix を入れてみた。

まず、現在8.04/8.10を使用している人は、その環境を潰さないで残しておいた方が良い。
対応していないアプリや日本語化が完全でなかったりする部分もあるので、今回はマルチブートとして、8.04LTSが動作中の環境に9.10を入れてみた。

インストールは空きパーテーションがあるわけではなかったが、8.04のパーテーションを調整&9.01用パーテーション作成を自動でやってくれちゃうので楽。時間はかかるけども。

nvのドライバを入れると相変わらず解像度が800x600より上がらなかったりなんだりで、以前のxorg.confを持ってきて入れて画面まわりもOK。

8.04LTSと比べて大きく変わった、というところもそれほど無い。
メッセンジャーがPidginからEmpathyへ変わったくらいだろうか。まだたくさんあるんだろうけども。

あと、Ubuntu Oneが最初から入っていること。
Cloudというよりもオンラインストレージなんだが、使い方がまだ良くわからんす。
無料で2GBってのも多いんだか少ないんだか。
それと、「ディスクユーティリティ」という設定ツールも8.04には無かったような。
ファイルブラウザでUSBデバイスのフォーマットが右クリックメニューで出るのも有難い。
というか、usb-creator(USBスタートアップディスクの作成)を使いたかったために9.10入れたので、フォーマットやらなんやら楽にできるのでうれしい。

肝心のusb-creatorは、ソースとなるisoファイルが日本語ディレクトリ下にあるとエラーになってしまう。(デフォルトで作成されるディレクトリは日本語だらけなんだけど)
適当な英数ディレクトリを作ってそこにisoを置いてやるとすんなり行く。

まことに残念なのは、EclipseのCDTが無いこと。
探せばなんとかあるのだろうが、んー、これは正式対応版が出るまで待つことにする。

2009/12/12修正

eclipseはソフトウェアの追加からではなく、Synapticパッケージマネージャでインストール。
eclipse起動後、help-Install New Softwareで、CDTのサイト(http://download.eclipse.org/tools/cdt/releases/galileo/)を追加し、インストール、でCDTもOK。


で、マルチブートなので、8.04のパーテーションは(su認証が必要だけれど)9.10から普通にアクセスできる。まぁこれも便利。

全体的にサクサク感があって、いい感じ。
g++が最初から入ってないってのがアレなんだけども、コーディング自体はFreeBSDでやるからいいや。(^^;

後は9.10 NetbookがEee-PCですんなりE-MobileのUSBモデムを動かせるかどうか、だな。
出張近いし...

車たち

なにげにCIVICのページを見つけて懐かしさがこみあげてきたので、昔の車を思い出しながら書いてみたり。

免許を取ってすぐ、5万円で手に入れたのがこれ。
HONDA CIVIC 1200 GL (S48式)
HONDA CIVIC 1.2GL (S48)
実際の色は濃い目の赤で、CVCCになる前の丸目のかわいいやつ。
華奢なガタイとは裏腹に、吹け上がりは最高で、前輪のジャダリングとともに130km/hあたりまで一気に加速する。ただしそこまで。
初期のFFにありがちなタックインも強烈で、深夜の駐車場で随分と遊びました。
が、地元の未舗装路で後輪バースト&路肩転落で短い生涯を終えました・・・

次に買ったのは、またも5万円で拾った、
MAZDA GRAND FAMILIA 1300 Coupe (S51式?)
MAZDA GRAND FAMILIA 1300 Coupe (S51)
画像は2トーンで恰好いいんだが、実際はこれも濃い目の赤。
このFR車にはあまりいい思い出がなく、冬道で轍にとられて単独で雪山に突入、とか、エンジンが温まらずに、走行中に止まっちゃうとか、点火系が不安定だったりとか。
まぁボロボロの中古だったから、車のせいではないんだけれども。
あ、もちろんロータリーではなくレシプロのしょぼいやつ。

北海道はやっぱりFFでしょう、ということで次に買ったのは、
MAZDA FAMILIA 1500 XL (S55式)
MAZDA FAMILIA 1500 XL (S55)
画像はXCかな?XLは5ドアハッチバック。これも赤。
微妙なスラントの角目がちょっと恰好良かったし、内装も綺麗で、フルフラットシートのおかげで車内での夜明かしも幾度と無く・・・
中古で100万だったか120万だったか、そのくらい。
特別不満もない乗り心地だったが、足回りがノーマルではふかふかし過ぎだったのがちょっと。
ホイールベースがCIVICに比べると随分長かったし、非力(に思える)エンジンなので、FFを満喫するには物足りなかったが。

この後はたぶん、
TOYOTA CORONA 2000GT
S55式 18R-Gで丸目2灯、、だと思ったんだが、写真がどっかにあるはず・・・
そのうち探そ。
この車が一番のお気に入り。さすがの18Rは、2速で軽く100km/h超え。
あんまり回るもんでシリンダーヘッドのガスケット割っちゃった、ってぇくらい面白かった。

あとは友人から譲り受けた Hilux-Surfやら、カリブやらルシーダやらを経て、現在10万km走行中のGAIAと相成ります。

んー、そのうち写真つけてちゃんと整理せねば忘れちゃうなぁ。

湯沸かし器の寿命

これから本格的な冬を迎えようかというこの時に、湯沸かし器が壊れました。(T^T

ノーリツ製、GT-164SAW-FFAという、風呂隣接追い焚き付きの室内壁掛けタイプの瞬間ガス給湯器なんですが。

昨日から蛇口をひねっても、数度カチカチボーを繰り返し、操作パネルにE 06の表示。

ノーリツのサービスに電話をして今朝見てもらったらば、
着火の際に、着火の配線部まで電圧がきていない
とのこと。
着火部含めた制御部は黒い文字通りのブラックボックスのユニットとなっていて、しかもこのタイプは10年超えているため部品がもう無いときたもんだ。
だいたい8年~10年で寿命ですよ
とのことなんだが、熱交換部の腐食やらなんやらならまだあきらめがついても、電装まわりで寿命っていわれてもなぁ。

運良く部品があったとしたら2~3万の出費、部品が無ければ買い替えってことで、20万超えるのか・・・
痛いっすぅぅ

てかなー、やっぱり「寿命」で切り捨てちゃうスタイルに釈然としないものが残る・・・
プロフィール

f_yamaki

Author:f_yamaki

アクセスカウンタ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク