FC2ブログ

FreeBSD 20周年

/.Jより、FreeBSD、20 周年を迎える

FreeBSDを使い始めたのは4.3あたりからだから2000年前後。依頼サーバとしてすっかりお世話になっている。

20年前の1993年というと・・・
Windowsだと3.1の時代。WFW3.11が出たのが93年とのこと。
MS-DOS/PC-DOSは6.0あたり。
ということはCPUだと486の頃かな。
うちのマシンは486DXと486SXのノートがあったか。
いずれもWindowsを使うよりも、DOS/Vとして使うのが殆どだった頃。Turbo-C++でこさえたプログラムで飯食ってたような気がする。
当時からPC-UNIXをいくつか試してみてたりしたんだが、どれも今ひとつだった記憶が。

そうこうしているうちに時は過ぎて2000年あたりにFreeBSDに関する書籍を拾ったのをきっかけに、今に至る。
最初はそりゃー衝撃的で。4.3では完成度も高かったし、インストールした瞬間から開発環境が揃ってるなんて信じられなかった。

そんなこんなで今の9.1-Releaseまできてるんだが、んー、最近元気ないよねー。
業務でもHP-UXからのリプレースはことごとくLinuxなわけだし。FreeBSDならそのまま動くっちうのに。
FreeBSDの利点てのもいろいろあるんだろうけど、やっぱりkeventが使えるのがいいなぁ。個人的に。
あー、BSDとしてはSoralisとかMac OSとかの選択肢もあるんだろうけれど、敷居が低いのはFreeBSDではなかろうかと思ったり。

栄枯盛衰が顕著なLinux界隈もいいんだけれど、じわじわ生き延びるFreeBSDも好きなんじゃい。
スポンサーサイト

遠隔操作事件で思うこと

/.Jより
「遠隔操作事件」、捜査が事実上終了

いろいろと推測が飛び交っている同事件だが、どうなるやら。

C#での業務経験がないことを指摘する人もいるが、「C#くらいどうにでもなるだろう」的な意見もあるようだ。
自分の経験から言えば、Java経験者であれば.NET Frameworkのマネージのイメージにも違和感なくとっつけるだろうし、C++経験があれば言語の構造も手が出ないほどではない。
ネット上にもMSDNにもサンプルは大量にあるので、言うほど難しくはないのかもしれない。

の、は・ず・な・ん・だ・が
この「たいして難しくない」ことが実際にはオヒオヒっていう事も少なくなくて。
業務系では当たり前になる通信処理でさへ、どうにもこうにも。


クライアントから切断しちゃだめだよ
クライアント開発した際にサーバサイド開発者から言われた言葉(実話)
どこの世界に「切らないクライアント」があんだよ?
クライアントがshutdownしないと固まるサーバ
クライアントは行儀良くclose前にshutdownしてFIN飛ばしてあげないと、固まってしまって再接続を受け付けてくれない。
なんとこれがパッケージで配布されていて、修正依頼にも嫌な顔。えぇ加減にせぇよ。テストも何もしとらんだろお前。FINしか受け付けない(Reset by peerとかじゃエラー吐いて死亡)のって意外と多いんだよな。クライアント強制終了しただけでサーバがコケるという笑い話みたいな。
TCP受信処理がUDPと同じ
TCPはストリームなんだからUDPみたいにパケットで完結するわけじゃないでしょがよ。
指摘すると、「どう直せばいいですか?」みたいな事聞いてくるなよ、普通に、ごく普通にストリーム通信作ればよかろうよ。

通信データのロストなんて本当に日常茶飯事。他人が作ったモジュールはこの辺しっかり見ておかないと信用ならんす。
もぉこういうのばっか見てると、果たして片山容疑者は通信処理をまともに作れたのか?と心配になっちゃう。
.NETだとHttpClientとかがあるから、そっち方面だと問題も少ないのかもな。

VDT作業における労働衛生管理のためのガイドライン

プログラマのように一日中ディスプレイとにらめっこしているような仕事をしている人達のために、というよりは、そういう人達を使っている企業のために、
VDT作業における労働衛生管理のためのガイドライン
というのが平成14年に厚生労働省から出されている。
1時間に一度は10~15分程度の作業休止時間を設け、さらにその1時間に数度は小休止を入れるべし、というような感じ。

啓蒙されている対象は、管理者サイドであり、企業であるのだが、これらの提言を実践するのは個人の裁量に任されている。
実際プログラマはゴミのように扱われがちであり、半パワハラ気味に机にかじりつき続けることを強制されたりするのだが、せめて新人さんにはこういうガイドラインもあるのよってことを教えておいて貰いたい。

特に最近の人達はタバコを吸わないこともあって、昼休み以外はずっと同じ姿勢でディスプレイを見続けがちであり、それは心にも体にも良いことではないので気をつけてほしい。

とまぁ他人事のように言っているのは、わたしゃ1時間に一度はタバコに行くし、なによりじーっと座ってるのが苦手なのですぐ立って歩くから、あんまり心配いらんのです。
おまけに歳とって頭の切り替えに時間がかかるから、ちょっと作業内容が変わるともうたっぷり休憩いれないと無理。
決して遊んでるわけじゃなく、タバコ中も小休止中もあれこれ考え悩んでいるのだけれど。いや、仕事と関係ないことを考えてたりもする。ちうかそっちが殆ど。
でもまぁ、巡り巡って仕事にプラスになることだと信じてるので罪悪感はまるでない。

んー、やっぱり年寄りって扱いずらいって思われてるよね。(^^;
プロフィール

f_yamaki

Author:f_yamaki

アクセスカウンタ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク