VDT作業における労働衛生管理のためのガイドライン

プログラマのように一日中ディスプレイとにらめっこしているような仕事をしている人達のために、というよりは、そういう人達を使っている企業のために、
VDT作業における労働衛生管理のためのガイドライン
というのが平成14年に厚生労働省から出されている。
1時間に一度は10~15分程度の作業休止時間を設け、さらにその1時間に数度は小休止を入れるべし、というような感じ。

啓蒙されている対象は、管理者サイドであり、企業であるのだが、これらの提言を実践するのは個人の裁量に任されている。
実際プログラマはゴミのように扱われがちであり、半パワハラ気味に机にかじりつき続けることを強制されたりするのだが、せめて新人さんにはこういうガイドラインもあるのよってことを教えておいて貰いたい。

特に最近の人達はタバコを吸わないこともあって、昼休み以外はずっと同じ姿勢でディスプレイを見続けがちであり、それは心にも体にも良いことではないので気をつけてほしい。

とまぁ他人事のように言っているのは、わたしゃ1時間に一度はタバコに行くし、なによりじーっと座ってるのが苦手なのですぐ立って歩くから、あんまり心配いらんのです。
おまけに歳とって頭の切り替えに時間がかかるから、ちょっと作業内容が変わるともうたっぷり休憩いれないと無理。
決して遊んでるわけじゃなく、タバコ中も小休止中もあれこれ考え悩んでいるのだけれど。いや、仕事と関係ないことを考えてたりもする。ちうかそっちが殆ど。
でもまぁ、巡り巡って仕事にプラスになることだと信じてるので罪悪感はまるでない。

んー、やっぱり年寄りって扱いずらいって思われてるよね。(^^;
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

お久しぶり!

同じく1時間に一度のタバコ休憩は欠かせないので問題なし!

どもども

やめられないんすよね~・・・やめる気もさらさらないんだけど
プロフィール

f_yamaki

Author:f_yamaki

アクセスカウンタ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク