墓場まで持っていくつもりはないが

まぁ長いこといろいろやってるといろんな事があるわけで。

「あー、あの処理、違う!」って思いつくのは大抵が寝床について目を閉じてからで、自前のアプリだったらすぐ起き出してアップデート作り出すところなんだろうが、仕事だとちょっと困る。
限られた時間の中で、限られた環境でいろいろなルールの上での作業が強いられるということは、このちょっとした(致命的であったりしても)閃きや発見をスムーズに反映させる仕組みがないということであって。

全ては翌日業務が始まってからでないと何もできず、かつ自分の主張を整理してから決められたルートに乗せてしかるべき部署の判断を仰いで、そしてGOがかかって、始めて着手となる。
事はそれで終わらず、なぜなににも対応しなければならないので、なぜそういう事態が起きたのか、なぜ気がついたのか、なぜ対応せねばならないのかをこれまた決められた書式で(誰かの都合の良いように)書き起こさなければならない。

で、歳とったロートルはふと考える。
黙っててもいいんじゃね?

どっちにしてもスムーズに作業させてもらえるわけじゃなし、発覚した時に対応する準備だけ個人的にしておけばなんとかなるんじゃねーかなと。
元はと言えば・・・と言い出すとグチが限りなくなるので、心の平穏のためにそれ以上は考え無いようにして。

のらりくらりとやってるように見られがちだけれど、実際結構いっぱいいっぱいなのだよ。:-P
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

f_yamaki

Author:f_yamaki

アクセスカウンタ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク