プライバシーフリーク

Yahoo!Jの執行役員である別所直哉氏が発した言葉である。>プライバシーフリーク
ビッグデータの活用に関してプライバシーを掲げて反対する人々を揶揄する言葉だ。

この発言を受けて私ゃYahooプレミアム解約&Yahooアカウントも削除しやした。

個人情報の管理が難しいのは百も承知で、過去にうん万人のアカウント情報漏れましたってぇ時でも、それはそれでしょうがない、と許容していたわけだけれど、今回は違う。お前らに個人情報なんてねぇよ!と言っちまったんだから。
「お前らのクソの役にも立たない個人情報で商売してやるからありがたく思え」ってぇことなんでしょう。ふざけんなと。

そもそも日本においてはプライバシーに関して発言する強烈な団体が無く、その故に企業側も自分勝手なルールを各自作り上げて好き放題やっている状態であり、この時点で既に国際的な競争力など存在しないし、企業側が適切なルールを作り上げる能力がないことを露呈しているのであって。
その最たる企業がCCCで、ここのプライバシーポリシーを見ると、ユーザ視点など一つもありはしない。あるのは自社の都合だけ。これをビジネスモデルとか言っちゃうやつらは経済学を学んだことがあるのだろうかと。

個人的に言わせてもらえば、個人に合わせた広告なんちうのも気持ち悪いことこのうえなく、ハゲてもいないのに過去に一度だけ"育毛剤"を検索しただけで、私の検索ページには育毛剤の広告が未だにてんこもりですよ。いらんちうのに、知らんちうのに。

ビッグデータの利用を否定するものではないし、それがビジネスになるんだったらやればいいと思うのだけれど、今のところその活用に個人を特定する情報を保持する必要はまるでないわけで。統計情報がとれれば良かったんちゃうの?>ヤフーさん、CCCさん
個人特定しない形でデータ処理すればいいだけで全然難しいことじゃないのに、なんでそこまで頑張らなきゃならんかなぁ。直接か間接(追跡データとか)とかどっちでも無理のないように、周りの意見聞きながら進めるのがなんでできないんじゃろか。クラウドと一緒で思いつきだけが先行してユースケースやら諸権利の処理とかなぁんにも考えてないのが見え見えで、ただとりあえず法務に相談したらこう言った、みたいな商売してたらそりゃぁ総スカン喰らうわな。

自分一人でやってみるだけなら自由にやったらええやんとも思うけれど、少なくとも他人のふんどしで稼ごうって話なんだから、もうちょっと聞く耳持たないといかんでしょ。

検索ツールバーからもYahoo消したし、世の中はどうかしらんが私の信頼は簡単には取り戻せないぞ。まぁYahoo!Jにとってはクソユーザの一人でしかないんだろうから影響ないんだろうけど。

CCCとバッタもんビジネス屋同士で仲良くやってればいいさ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

f_yamaki

Author:f_yamaki

アクセスカウンタ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク