留萌萌友野球スポーツ少年団(1974)

歳とってきていろんな事忘れちゃうんだけれども、子供の頃の一番の思い出を書いておこうかと。

留萌萌友野球スポーツ少年団
萌友と書いて、ほうゆうと読む。留萌小学校の軟式野球少年団なわけなんだけれど、この辺りを少々。

軟式野球の少年団の全道規模の大会が始まったのが1972年。北海道新聞社主催で。
  • 1972
    その第1回。留萌萌友は確か準優勝?(怪しい)。
    女子ジャンプ日本代表の監督をしていた渡瀬弥太郎(愛称やった)を含むメンバーで、いきなり萌友の名を北海道に知らしめた。
  • 1973
    そして翌年、全道優勝!
    柏木ホークスとのじゃんけん抽選もありいのの優勝だったが、レベルの高さが注目された。
    萌友は剛腕浜田(愛称じゃんちん)と強肩西田のバッテリー。
  • 1974
    で、私の出番。連続の全道優勝!決勝は因縁の柏木ホークス。
    全道決勝も延長戦での決着でそれなりに盛り上がったんだけれども、事実上の決勝と呼ばれたのは実は留萌市内大会での決勝、留萌東光小学校の球友との対戦だった。
    球友は投手本村を中心としたチームで、個々のレベルも高く、前年の秋季大会では萌友を下している。
    (本村は後に札幌商業高校に進み、甲子園ベスト16、だよな確か。甲子園で本塁打も打っている)
    萌友は「打倒本村」を合言葉に練習し、翌年雪辱を果たし全道大会のキップを手に入れた。
    全道大会は「留萌代表」となるため、本村を萌友に迎える話も出ていたが、結局萌友メンバがそのまま出場することになった。
    全道大会では、網走の網小桂や遠軽その他(忘れた)を下し、決勝の柏木ホークス戦は1-1の延長10回表、萌友が4点を上げその裏を抑えてめでたく全道連覇となった。
  • 1975
    残念ながらこの年の成績は良く覚えていない。
    が、この年のメンバには、後に社会人野球の有名人となる酒井が居た。

とまぁこんな沿革で。
1974年の最終メンバは
監督:山田
コーチ:柴田
投手:下川(大井、碓井)
捕手:山木、加藤、木村
一塁手:寺井
二塁手:碓井、谷田
三塁手:湊
遊撃手:山西、原田
左翼手:大井、大磯
中堅手:室田
右翼手:松本、門間

5年時の投手には柏原、相沢がいたが、柏原は冬場のスキーで骨折。相沢は転校していった。
二塁手の碓井は6年時に転入。転入早々語り草となった「カーブ投げていいですか」事件を起こした。ww
下川は頭抜けて長身で、横幅の広い加藤と二人だけ「大人用」ユニフォームだった。

1974年のチームで忘れてはならないのが、津田氏の指導。
留萌営林署で全国大会にも出場した、小柄の捕手なのだが、とにかく凄い。
顔の真ん中にバットのグリップ部をあてがい、放り上げた小石を目をつぶらずにグリップ部にあてる、という曲芸で小学生の心をギュっと掴んだ。
指導内容も小学生にはどうなのよ、という内容の高度なものが多かった。
特に軟式ボールでのバントについては、バットの先側を掴む手の、「手のひら」(バットの下側)に当てる、はたまた、バットを握った指に当てるとか。
バットの下側に当て、高いバウンドのバントをすることで可能となる「ツーランスクイズ」などなどなど。
捕手のキャッチングも、ミットを動かさずギリギリのコースを「かすめさせて」捕るスタイルや、肘と手首だけでのスナップスローとかとか。

津田氏の指導もあり、萌友の練習のほとんどは守備とその連携に費やされた。
ゲッツーや挟殺はもちろん、外野からの中継プレー、トリックプレーもいやになるほど。基本からみっちり。
今考えても打撃練習の思い出がない。打撃練習=バント練習だったし。
少年野球といえばエラーが付き物のように思われるかもしれないが、このチームではほとんどエラーがなかったし、ボーンヘッドというものも見られなかった。
さらに下川、加藤を除くと全体的に小粒であった事もあり、レギュラー・控えの差がほとんどなく、誰が出ても大丈夫という安心感があった。(そりゃあんだけ朝昼晩と練習してきたんだから)

メンバ一人一人の紹介もしたいところだが、まぁ今日のところはこの辺で。
あー、もう全道少年軟式野球大会も今年で第43回らしい。あれから40年も経っちゃったのね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

う~ん、やっぱし大磯くんだけが思い出せない。
アルバムで探してみっか

大磯くん

大磯くんは確か俺と同じクラスで4組かな~
おとなしくてニコニコしてビーバーみたいな前歯してた子。
プロフィール

f_yamaki

Author:f_yamaki

アクセスカウンタ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク