Raspberry Pi 稼働

あと千円+すりゃPi2が買えたんだけれども、熱を考えたらPi1の方がいいかぁと決めたわけで。まぁ欲しくなったらまた買うさと。

スターターキットのプリインストール版raspbian(こいつは実はPi2用)入りSDHCをさっくり挿して、画面をつないでUSBキーボード繋いで電源ON!
設定画面になるかとおもいきや、いきなりloginに。
ここでSDカードが入っていた袋に書いてあった、
使い方は、下記のURLでご確認下さい。
http://techshare.co.jp/physcom/pi2-startup
へアクセスして見てみる。
pi / raspberry でログインできるようなので、とりあえずログインしてすかさずパスワード変更。

で、さてはまずstatic ip振らねば、ってことで、
/etc/network/interfaces
を見てみると、
auto eth0
allow-hotplug eth0
iface eth0 inet manual
の記述がある。え!?manual?なんじゃこりゃ?
これを
iface eth0 inet static
に書き換えてipアドレスなんかを書いてみたが有効にならない。
でもって調べてみると、raspbianがWheezyなので、/etc/dhcpcd.confを書き換えなければダメっぽく。
--- /etc/dhcpcd.conf に追加 ---
interface eth0
static ip_address=xxx.xxx.xxx.xxx/24
static routers=xxx.xxx.xxx.xxx
static domain_name_servers=xxx.xxx.xxx.xxx
とすると、あら不思議きっちり有効になりました。

で外からsshが繋がるようになったので、ユーザを追加して、sudo権限つけるべく/etc/group書き換えて。
キーボード、画面を外してLANケーブルと電源だけつないだ状態で、後の作業は外からssh。

とりあえず
$sudo apt-get update
$sudo apt-get upgrade

デスクトップ使わないんだからcupsとかいらねーから、とか思いつつしばし完了を待つ。

無事終了ってところで当初からの目的というかなんというか、apache2のインストール。
といってもこれだけ。
$sudo apt-get install apache2

この時点でDisk容量はというと
$ df -k
Filesystem 1K-blocks Used Available Use% Mounted on
rootfs 7534284 2753348 4424620 39% /
/dev/root 7534284 2753348 4424620 39% /
devtmpfs 218636 0 218636 0% /dev
tmpfs 44584 240 44344 1% /run
tmpfs 5120 0 5120 0% /run/lock
tmpfs 89160 0 89160 0% /run/shm
/dev/mmcblk0p1 57288 20296 36992 36% /boot
まぁまぁね。
そいでapache2。
ブラウザで外からアクセスしてみると、おなじみのIt works!。問題なし。

ここまでの作業でもRaspberry Pi本体の熱はほとんど無し。うん、これなら安心。

さて、ちまちまページ作っていこうか。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

f_yamaki

Author:f_yamaki

アクセスカウンタ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク